コラム

東京で陶芸教室なら手頃な料金で体験が出来る【楽陶会】へ!親子で楽しく学ぼう~陶器の歴史~

陶器の歴史

陶器の歴史 日本では、1万2000年前以上も前の土器が発見されており、中には1万6000年以上前の土器もあるとされています。これらの土器は世界各国で発見された土器と比べても古く、世界最古とも言われています。縄文土器や弥生土器が様々な工夫によって発展していき、飛鳥時代には朝鮮半島から伝わった「ろくろ」による形成が行われ、穴窯によって高温で焼成した須恵器(すえき)が作られました。須恵器は鎌倉時代まで続き、奈良時代には中国の「唐三彩」の影響もあり初めて釉薬をかけた「奈良三彩」が作られます。

鎌倉時代には中国製陶法が伝わり、室町時代には日本六古窯(瀬戸・備前・常滑・信楽・越前・丹波)をはじめとした製陶が各地で盛んになりました。安土桃山時代には、茶の湯の広がりとともに陶磁器に日本の特色が現れるようになります。近代的な陶器が作られるようになったのは明治時代からで、明治初期にドイツ人によって導入された石膏型や機械ろくろなどにより量産されるようになりました。海外でも注目される日本の陶器は、古くから親しまれ、現在も発展し続けています。

東京で陶芸教室をお探しなら手頃な料金の【楽陶会】へ~親子で楽しく学ぼう~

親子で陶芸体験 東京で陶芸教室をお探しでしたら、手頃な料金で体験教室を開催する【楽陶会】へお越しください。お子さんに様々な経験をさせたいとお考えではありませんか?【楽陶会】では、講師の指導の下、子供から年配の方まで陶芸の楽しさや奥深さに触れていただくことが出来ます。

器の形を粘土で形成し、釉薬の色を選んだりする楽しさを親子で楽しく学びます。基礎から丁寧に指導いたしますので、東京で陶芸に興味があるという方は、是非【楽陶会】の陶芸教室をご利用ください。

東京の陶芸教室なら様々な体験が出来る【楽陶会】へ

東京で陶芸教室を開催する【楽陶会】は、一人でも多くの方に陶芸を楽しんでいただけるよう、一日教室・半日教室・出張教室・親子教室を実施しています。形の作り方だけではなく、絵付けや釉薬の掛け方など、様々な陶芸の体験も可能です。

作陶の時間を長く取っているため、ゆっくりと自分のペースで作ることができ、焼き上がった作品は自宅で使用することはもちろん、展覧会に出品する作品を作ることも出来ます。丁寧に指導していますので、何か新しい体験をしてみたいとお考えの方は、お気軽にご連絡ください。

東京で陶芸教室を開講する【楽陶会】のお役立ちコラム

東京にある陶芸教室の体験教室に参加するなら【楽陶会】まで

教室名 陶芸教室 楽陶会
住所 〒114-0024 東京都北区 西ヶ原1-52-14-B1
TEL 03-5394-6602
URL http://raku-tou-kai.com