陶芸技法

1筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程

筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程1
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程2
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程3
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程4
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程5
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程6
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程7
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程8
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程9
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程10
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程11
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程12
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程13
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程14
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程15
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程16
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程17
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程18
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程19
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程20
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程21
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程22
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程23
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程24
筒型ゆのみ (付け高台) 成形工程25

2飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程

ご参考>>工程2-1~2-3は、課題1筒型ゆのみ工程1-6を参考にしてください。
各画像上でクリックすると、拡大した画像が同じウインドウで開きます。戻るときはbackspaceキーを押してください。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程1 1
粘土400~500gをロクロの中心に固定します。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程2 2
筒型の中心に穴をあけます。
底部分は1cm位厚さを残します。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程3 3
腰の部分を径8~9cm位に広げます。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程4 4
左手小指、薬指を下から当てて、腰が下がらない様に注意します。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程5 5
両手で粘土を寄せながら上に伸ばします。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程6 6
粘土が伸びたら親指を中から当てて少し丸みをつけます。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程7 7
荒造形が終わったら、竹ベラで粘土を締めます。左手人差し指、中指を内側から添えます。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程8 8
内側に指を添わせて下から上に竹ベラで整えます。
この後コテを当てて表面をきれいにします。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程9 9
針で口の高さを切り揃えます。針をしっかり固定し、なめらかにロクロを回し少しずつ切ります。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程10 10
切った口元に水を含ませたなめし皮を当てロクロを回し、
右手親指でつまみながら外に押し広げます。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程11 11
口元が広がったらコテAの直線部分(←)を
口から下に徐々に当てて下部を押し広げます。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程12 12
2-10、2-11を繰り返し予定の口径(12~13cm)まで全体を広げます。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程13 13
コテAの丸い曲線を当てて内側に少し丸みをつけます。
下部(↓)は厚手に出来ているので、内側の形が外側に反映されません。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程14 14
コテの丸い曲線が当たらない部分はれたスポンジを当てて内側の形を作ります。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程15 15
なめし皮で口造りをします。口元の微妙な広がりで感じが変わります。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程16 16
内側の形はこれで出来上がりです。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程17 17
下部の余分な粘土を切り取り、
課題1の1-14の要領でロクロから切り離します。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程18 18
日陰で30分から1時間乾燥させて口元が硬くなったらロクロの中心に固定します。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程19 19
底部に口径の1/3位の円を残して、回りを腰まで平らに削ります。
上部、中部の曲線が(↓)底部まできれいにつながった様になります。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程20 20
カキベラ(中)Aの直線の角(→)を底部に残した円の外側(→)に当てて高台を削り出します。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程21 21
高台の外側(↓)を削り整え、カキベラ(小)Bで内側(→)を削ります。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程22 22
高台の内側を指で押して少し動くまで削ります。(厚みを確認します)
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程23 23
内側の深さ(↓)と同じ高さになる様に外側(↑)を削ります。
飯碗 (玉造り 削り高台) 成形工程24 24
削りは下部だけとし、上部、中部(↑)は削らずに、成形時の粘土のやわらかな感じを残します。

3抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程

各画像上でクリックすると、拡大した画像が同じウインドウで開きます。
戻るときはbackspaceキーを押してください。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程1 1
粘土600~700gを課題1-1から1-4の要領で
ロクロの中心に固定します。(課題1筒型ゆのみ)
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程2 2
課題1-5の要領で筒型の中心に穴をあけます。(課題1筒型ゆのみ)
底部分は1㎝位厚さを残します。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程3 3
右手親指で下部の粘土を押し、腰の部分(→)を9~10㎝位に広げます。左手を添えて腰が下がらないように注意します。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程4 4
腰から一段ずつ粘土を上に伸ばします。
手を固定し、ロクロの上の作品を少しずつ回転させながら、
両手で粘土を寄せて上げる様にします。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程5 5
内側の底部も平らに整えます。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程6 6
高さ9~10㎝位に伸ばして、荒造形が完成します。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程7 7
課題2-7、2-8の要領で竹ベラを使い粘土を締めます。
(課題2飯碗:2-7、2-8)
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程8 8
コテAの直線部を利用して表面をなめらかにします。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程9 9
高さを揃えるため、針で口元を切ります。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程10 10
課題2-10、2-11、2-13の要領を繰り返し、碗型に広げます。
(課題2飯碗:2-10、2-11、2-13) 
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程11 11
コテの丸みが当たらない所は、スポンジを使い内側を整えます。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程12 12
最後に指で茶だまり(←→)造ります。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程13 13
口造り(→)で感じが変わるので、色々な形を試してみましょう。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程14 14
下部の余分な粘土を切り取り、
課題1-14の要領でロクロから切り離します。
(課題1筒型ゆのみ)
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程15 15
日陰で30分から1時間乾燥させて口元が硬くなったらロクロの中心に固定します。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程16 16
底部に口径の1/3位の円を残して、回りを腰まで(↓)平らに削ります。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程17 17
カキベラ(中)Aの直線の角で高台を削り出します。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程18 18
少し削ったらロクロから離して高台の付け根(→)の厚みを調べます
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程19 19
再度ロクロの中心に固定し、
高台の付け根(←)が薄くなるまで削り形を整えます。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程20 20
高台は少し高めですが、高すぎる時は底部を(←→)カキベラ(中)Aの直線部で削り調整します。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程21 21
削り跡を残す部分となめらかにする部分を意識して削ります。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程22 22
抹茶茶碗の場合、内側の削りは外側より浅目に削ります。
抹茶茶碗 (玉造り 削り高台) 成形工程23 23
碗型の抹茶茶碗の出来上がりです。

4筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程

各画像上でクリックすると、拡大した画像が同じウインドウで開きます。
戻るときはbackspaceキーを押してください。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程1 1
直径5cm位の球形の粘土を布の上に置き、
手の平でたたいて1cm位の厚みの円板にします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程2 2
粘土の両側に7㎜厚のタタラ板を置き、
のべ棒を転がして均一な7㎜厚の粘土の板を造ります。
のべ棒は手前から先に向けて力を入れて転がします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程3 3
ロクロの中心に粘土の板をのせ、コテAの平ら部分で整えます。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程4 4
針で直径10cmの円を切り取りますが、
最初は大きめに円を描き大きさを測ってから段々小さくします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程5 5
なめらかにロクロを回し、針を両手でしっかり固定して、
徐々に深く線を描いて切り取ります。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程6 6
6粘土を細く伸ばします。
手を中央から両に向けて転がしながら移動します。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程7 7
径1~1.5㎝、長さ30~40㎝の粘土のヒモを造ります。
時間がかかると表面が硬くなり使いにくくなるので注意してください。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程8 8
両手でヒモの両端を持ち、
円板の上に置き端から右手親指で接着しながら一周し、
ちょうどよい長さで切ります。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程9 9
4-8で右手親指で上から下へおろし接着した部分を、ロクロを回しながら右手人差し指を当ててなめらかにします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程10 10
内側は左手親指で粘土をおろして接着します。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程11 11
接着したヒモを両手で真っ直ぐに伸ばします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程12 12
右手人差し指を当てて内側をなめらかに整えます。ロクロを回しながら上から下へ指を徐々におろします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程13 13
1本目のヒモを積み終えたら高さを揃えます。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程14 14
切り口は少し内側に斜めに切ります。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程15 15
1本目と同様に2本目を積みます。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程16 16
ヒモは少し内側になるように積むのがポイントです。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程17 17
内側を確実に接着します。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程18 18
2本目のヒモを両手で伸ばします。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程19 19
両手で粘土を寄せて上げる様にすると、口が広がりません。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程20 20
1本のヒモで2.5~3cm位高くなります。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程21 21
下から一段ずつ確実に仕上げます。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程22 22
ヒモの切り口(→)は、少し斜めに切ったほうが接着後取れにくくなります。
筒型花入れ (ヒモ造り 10cm径 20cm高) 成形工程23 23
同じ要領で20cmの高さまでヒモを積み上げて、
高さを針で切り揃え、なめし皮を当てて削り、
ロクロから切り離し出来上がりです。(写真は12cm位です)

5平鉢 成形工程

各画像上でクリックすると、拡大した画像が同じウインドウで開きます。
戻るときはbackspaceキーを押してください。
平鉢 成形工程1 1
課題4の工程1から9の要領で、
直径15cm厚さ1cmの円板を切り、粘土をヒモ状にして積みます。
平鉢 成形工程2 2
平鉢の場合、内側の粘土を少し多めにおろします。
平鉢 成形工程3 3
徐々に丁寧に粘土をおろします。
平鉢 成形工程4 4
ロクロをなめらかに回し、
右手人差し指を当てて少しずつ粘土をおろします。
平鉢 成形工程5 5
(←)の部分を強く押すと、
凹みができますので注意します。
平鉢 成形工程6 6
スポンジを当ててなだらかな曲線に仕上ます。
平鉢 成形工程7 7
針で切って高さを揃えます。
平鉢 成形工程8 8
2本目のヒモを内側になる様に積みます。
平鉢 成形工程9 9
2本目のヒモを真っ直ぐに伸ばします。
平鉢 成形工程10 10
内側を平らにします。
平鉢 成形工程11 11
竹ベラで粘土を締めます。
平鉢 成形工程12 12
コテAの直線部で外側を平らにします。
平鉢 成形工程13 13
高さ7cmに切り揃えます。
平鉢 成形工程14 14
課題2工程10の要領で口を広げます。
平鉢 成形工程15 15
コテAの直線部で下部を広げます。
平鉢 成形工程16 16
工程5-14、15を繰り返し、
口径が20cmに広がったら、コテAの丸い方で内側の線を造ります。
平鉢 成形工程17 17
コテの合わない所はスポンジを当てて
きれいな曲線を造ります。
平鉢 成形工程18 18
最後になめし皮を当てて口造りをします。
平鉢 成形工程19 19
日陰で30分から1時間乾燥させたら
逆さにしてロクロの中心に固定し、カキベラ(中)Aで削ります。
平鉢 成形工程20 20
工程5-18の平らな部分(←→)の大きさが
高台の大きさになります。周りをカキベラ(中)Aで削ります。
平鉢 成形工程21 21
底の厚さは1cmなので、高台の高さは5㎜位になります。
平鉢 成形工程22 22
高台の内側も外側の高さと同様に削ります。
カキベラの刃が上手に当たらないと底部を押し込んでしまいます。
平鉢 成形工程23 23
削れた様に見えても真ん中が削り不足になり易いので、
タタラ板をあてて隙間(→)を確認します。
平鉢 成形工程24 24
高台を仕上げて出来上がりです。

6 花瓶(ヒモ造り 最大径15cm 高さ20cm)

各画像上でクリックすると、拡大した画像が同じウインドウで開きます。
戻るときはbackspaceキーを押してください。
花瓶1 1
課題4の筒型花入れの要領で、
直径10cm高さ11cmの筒型を造ります。
花瓶2 2
課題5-14から5-17の要領で、
口径15cmまで広げますが、まず最初に口を広げます
花瓶3 3
コテで内側を広げます。
花瓶4 4
コテの当たらない部分はスポンジを当て広げます。
花瓶5 5
内側だけでなく外側を見ながら広げ、形を決定します。
花瓶6 6
コテAで外側を整えます。
花瓶7 7
下部から中部まで(↑)きれいな線が出るように心掛けます。
花瓶8 8
高さを10cm位で切り揃えます。
下部(→)の径10cm、高さ10cm、
中部(→)の径15cmの形になります。
花瓶9 9
ヒモを1本やや内側に積みます
花瓶10 10
積んだヒモを真っ直ぐに伸ばします。
花瓶11 11
竹ベラで締めます。
花瓶12 12
コテで平らに整えます。
花瓶13 13
高さを揃えます。
(→)の部分が内側に入りすぎないで真っ直ぐになる様に注意します。
花瓶14 14
次のヒモを内側に積みます。
花瓶15 15
口が閉じるように伸ばし整えます。
花瓶16 16
更にヒモを積み上げ伸ばします。
花瓶17 17
口径10cm位で高さを切り揃えます。
内側からコテAか指を当てて(→)の部部分に少し丸みをつけます。
花瓶18 18
なめし皮で口を整えます。
花瓶19 19
下部(→)の径10cm、
中部(→)の径15cm、中部までの高さ10cm、
口径10cm、全体の高さ19~20cmの花瓶になります。
花瓶20 20
外側から指やコテの曲線を当てて口造りをします。
花瓶21 21
下部を少し削って形を整えます。
花瓶22 22
下部に針を斜めに刺して余分な粘土を切取った後、
切り針金でロクロから切り離します。
花瓶23 23
径10cm、高さ20cmの筒型花入れを
少し膨らませた形の花瓶になります。
口造りは少し広げたり自由です。

7 中皿(ヒモ造り口径18㎝高さ3㎝)

各画像上でクリックすると、拡大した画像が同じウインドウで開きます。
戻るときはbackspaceキーを押してください。
中皿 工程1 1
課題4-1から4-9の要領で
直径15㎝厚さ1㎝の円板を造り、粘土をヒモ状にして積みます。
中皿 工程2 2
外側を接着したら内側の粘土を徐々におろします。
中皿 工程3 3
課題5の平鉢に比べ平らな部分(←→)は小さくなります。
中皿 工程4 4
スポンジを当ててなだらかな曲線に仕上げます。
中皿 工程5 5
高さを切り揃えます。
中皿 工程6 6
2本目のヒモを積みます。
中皿 工程7 7
1本目の形を崩さない様に注意します。
中皿 工程8 8
積んだヒモを真っ直ぐに伸ばします。
中皿 工程9 9
高さ4㎝位で切り揃えます。
中皿 工程10 10
ロクロをなめらかに回します。
中皿 工程11 11
なめし皮を当て口を広げます。
中皿 工程12 12
コテの直線部を当て、縁を倒します。
中皿 工程13 13
コテの当たらない部分はスポンジを当てて倒します。
(→)の部分が凹まない様に注意します。
中皿 工程14 14
なめし皮で口造りをします。
中皿 工程15 15
切り針金でロクロから切り離します。口径18㎝位です。
中皿 工程16 16
内側の平らな部分()の長さを測ります。
この長さが高台の径になります。
中皿 工程17 17
日陰で30分から1時間乾燥させたら
逆さにしロクロの中心に固定します。
高台の大きさの円を残し周りをカキベラ(中)Aで削ります。
中皿 工程18 18
高台の高さを削り出します。
中皿 工程19 19
底の厚さは1㎝なので高台の高さは5㎜位です。
中皿 工程20 20
内側を外側と同じ高さに削ります。
中皿 工程21 21
内側の深さはタタラ板を当てて、その隙間で確認します。
中皿 工程22 22
縁(→)まで削らない様にします。
中皿 工程23 23
中皿の出来上がりです。
内側と外側の曲線が同じ様になれば成功です。

陶芸教室・体験教室の予約はこちらから

03-53946602

ネットからの予約