コラム

東京で習い事をお探しなら【楽陶会】で陶器作りを!基礎から焼きものを学べるカリキュラムをご用意~釉薬の種類~

釉薬の種類

釉薬の種類 釉薬(ゆうやく)は別名「うわぐすり」とも呼ばれており、焼きものの表面にかける薬のことを示します。釉薬で表面に色をつけたり、様々な趣や風合い、光沢を出したりする他、割れに強く汚れの付着から守るといった役割も担います。釉薬には、様々な種類があり、それぞれ特徴があります。

基本的な釉薬とも言える「透明釉」は無色透明で、化粧土や素地の色を活かしながら光沢のある仕上がりになります。「結晶釉」は、釉中の結晶が肉眼ではっきり確認出来るという特徴があります。表面に光沢がない不透明な「マット釉」は、つや消しとして使用されます。他にも、深い青色に焼き上がる「コバルト釉」、緑色に焼き上がる「織部釉」、褐色に焼き上がる「飴釉」など、様々な種類の釉薬があります。それぞれの特徴を把握して釉薬を選ぶことで、よりイメージに近い作品作りが出来ます。

東京で習い事をお探しなら【楽陶会】で陶器作りを!

東京で習い事をお探しでしたら、陶器作りを始めてみませんか?食器や花瓶、インテリアなど自分だけのオリジナル作品を作ることができ、想像力を働かせるため子供の習い事や老後の趣味としても人気があります。

東京・北区にある【楽陶会】では、陶器作りを基礎から学ぶことが出来る初級カリキュラムを設けており、未経験の方や経験の浅い方でも安心してご参加いただけます。経験を重ねるにつれ、粘土や釉薬の特徴を活かした作品を作ることが出来るようになります。丁寧に指導しますので、是非【楽陶会】の陶芸体験へお越しください。

東京で習い事として焼きものを学びたい方へ

東京の陶芸教室 東京で習い事として焼きものを学ぶ際は、【楽陶会】をご利用ください。ご自身のペースでより良い作品作りが出来る環境を整えており、1回あたりの時間を長めに設定していますので、集中して作陶に取り組むことが出来ます。

知識と経験が豊富な講師が指導にあたりますので、分からないことは気兼ねなくご相談ください。陶芸をより身近なものとして楽しんでいただきたいと考え、カリキュラムだけではなく料金にもこだわっています。焼きものに興味がありましたら、是非お問い合わせください。

東京で陶芸教室を開講する【楽陶会】のお役立ちコラム

東京にある陶芸教室の体験教室に参加するなら【楽陶会】まで

教室名 陶芸教室 楽陶会
住所 〒114-0024 東京都北区 西ヶ原1-52-14-B1
TEL 03-5394-6602
URL http://raku-tou-kai.com